施工管理ってつまらない?いいえ、実はとっても楽しい!

施工管理は、建物や構造物を造るにあたって不可欠な業務です。しかし、多くの人々にとっては、ただ細かい作業や書類作成が主な仕事内容と思われがちです。しかし、実際には、施工管理には多くの楽しみややりがいがあります。本記事では、施工管理の楽しさや業務内容についてご紹介します。


施工管理とは何か?

施工管理とは、建物や構造物を造る際に、施工現場において工事の進捗管理や品質管理、安全管理を行う仕事です。具体的には、建設工事において必要な資材や機材の手配、現場スタッフの指導・管理、工程表の作成、工事の進捗管理、品質管理、安全管理、予算管理などが含まれます。


施工管理の楽しさ

施工管理の楽しさは、以下のような点にあります。


1. 現場のリアルタイムな進捗管理ができる

施工管理者は、現場で建設工事が進む様子を実際に目で見ながら、工程管理や品質管理を行うことができます。このため、常に現場にいることで、トラブルや進捗の遅れを早期に察知し、適切な措置を取ることができます。


2. 作品創りの達成感がある

施工管理者は、建物や構造物を造る上で欠かせない役割を果たすことで、作品創りの達成感を味わうことができます。建物や構造物が完成し、人々に使われる姿を見ることができるというのは、非常にやりがいを感じることができるでしょう。


3. 多様なスキルを身につけることができる

施工管理者は、工程管理や品質管理など、多岐にわたる業務を担当します。そのため、多様なスキルを身につけることができます。現場での指導や交渉力の向上、経営感覚の育成など、施工管理の経験は、将来的にビジネスパーソンとして活躍する上でも、大いに役立ちます。


施工管理の業務内容

施工管理の業務内容には、以下のようなものが含まれます。


1. 工程管理

工事の進捗状況を管理し、スケジュールを調整する仕事です。現場の作業員や協力業者との連絡調整や、材料や機器の調達も行います。


2. 品質管理

建物や構造物の品質管理を担当します。施工過程で、品質の低下が生じないように、品質チェックや検査を行います。


3. 安全管理

施工現場での安全確保を担当します。安全に関する知識を持ち、現場での作業員や協力業者に対して指導を行い、安全な作業環境を整えます。


4. 予算管理

建設工事の予算管理を担当します。工事費用の見積もりや、実際の費用の進捗状況の把握、コスト削減などを行います。


まとめ

施工管理は、建物や構造物を造るために欠かせない重要な業務です。細かい作業や書類作成など、面倒な作業もありますが、現場での進捗管理や品質管理など、多くのやりがいや楽しみがあります。施工管理の業務内容や楽しさについてご紹介しました。


よくある質問


Q1. 施工管理の経験がなくても、施工管理者になることはできますか?

A1. 可能です。一般的に、施工管理者には、建設業界での経験がある人が就くことが多いですが、施工管理のための専門的な資格や研修を受講することで、施工管理者になることができます。


Q2. 施工管理の仕事は、男性に向いていますか?

A2. いいえ、性別に関係なく、施工管理の仕事に就くことができます。施工管理に必要なのは、コミュニケーション能力やリーダーシップなど、性別に関係ないスキルや能力です。


Q3. 施工管理の仕事は、給料が高いですか?

A3. 施工管理者の給料は、建設業界において比較的高い水準にあります。ただし、給料に関しては、企業や地域によって異なるため、確認する必要があります。


Q4. 施工管理者は、夜勤や休日出勤が多いですか?

A4. 施工管理者は、現場の進捗状況を把握するため、時に夜勤や休日出勤が必要になる場合があります。ただし、企業によっては、しっかりとしたスケジュール管理や業務配分を行い、残業を減らすように努めているところもあります。


Q5. 施工管理の仕事は、将来性がありますか?

A5. 建設業界は、都市化やインフラ整備の進展によって、今後も需要が高まることが予想されます。そのため、施工管理者の需要も高まることが予想されます。また、建設業界は、高齢化が進んでおり、後継者不足が問題となっています。施工管理者は、将来的にも求められる仕事であるといえます。