メールでのお問い合わせはこちら
  • よくある質問
  • 美喜ブログ
  • チャレンジ25

HOME > 美喜ブログ > 現場報告 > 鉄骨

美喜ブログ

< 感謝しきれません・・・  |  一覧へ戻る

鉄骨

ここしばらく、鉄骨造の建物を建てていました。

 

今回は、鉄骨造の場合の基礎工事から上棟までの流れをご紹介します。

簡単な流れは次の通り。

 

根伐  捨てコンクリート打設  墨出し  アンカーセット  基礎配筋  基礎型枠  基礎コンクリート打設  埋戻し  鉄骨建て方  屋根葺き  土間・各階床配筋・コンクリート打設  外壁工事

 

まずは建物を支える基礎。

 

木造と違い基礎の形状や規模は格段に大きいものになります。

この現場では、基礎の下にラップルコンクリートを採用しています。

 

ラップルコンクリートとは、基礎底から支持地盤まで打設する無筋のコンクリートのこと。

簡単に言うと、地盤改良の一つです。

 

ラップル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンカーセット

 

住宅のホールダウンやアンカーボルトが直径1216mmに対して鉄骨用は40mm程度。規模が大きくなればその直径は更に大きく。

 

墨に合わせて設置していきます。捨てコンクリートの上に書いてある文字や色は、ベース・柱・地中梁の符号や位置関係をわかりやすくするためのものです。

 

アンカー1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンカー2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎配筋

 

住宅はベタ基礎が多く、使う鉄筋はD10D13

 

鉄骨造の場合は、D10D13は補助的なもので、主要な部分にはD19D22D25またはそれ以上のものを使います。

 

Dとは「異形棒鋼」のことで、そのあとの数字は太さ(直径)を意味しています。

 

大規模建造物にはD51なんて鉄筋が使用されます。

 

基礎配筋1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎配筋2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱脚モルタル

 

鉄骨を建てる前に各柱の下に無収縮モルタルを施工します。

これにより、柱の高さが決まります。木造の場合、土台下の天端レベラーがこれにあたります。

 

柱脚

 

ナットが付いている部分が、

アンカーボルト。

ここに、柱が設置されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄骨製品検査

 

設計図や施工図で指示されたとおり、鉄骨が組み立てられているかの検査です。

 

柱

長さや材質、溶接の欠陥がないか

確認していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

柱2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ鉄骨建て方

 

各部材を組み上げていきます。

 

木造の場合は、各接合部を金物によって緊結していきます。

鉄骨造の場合は、ボルトにて緊結していきます。多くの場合トルシア形高力ボルトが使われます。

 

トルシア形高力ボルトの締め付けは継ぎの流れで行っていきます。

一次締め  マーキング  本締め  共回りの有無・ピンテール破断確認

 

トルシア形高力ボルトの場合、ピンテールが破断したことで所定の軸力が得られたと目視で判断できるのが特徴です。

 

鉄骨建て方

 

各部材を組み立てていきます。

今回は、鉄骨総重量30t。

 

 

 

 

 

 

 

 

マーキング

 

マーキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本締めのサムネール画像

 

本締め

 

 

 

 

 

ピンテール

本締め完了。マークの位置がずれていれば共回り無しピンテール破断

ボルトの上の突起がなくなっているのがわかりますか?

 

 

 


カテゴリ:

< 感謝しきれません・・・  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

上棟!

10日程前にはなりますが、青木島で建築中のK様邸、上棟しました。

只今、外壁下地が終わり、内部の壁・天井下地工事が進んでおります。

DSCF9378.JPG

建築現場で、得した気分になるのが建物よりも少し高くなる足場からの眺めです。

ゼネコン時代江東区で12階建てのマンションを建築しているときは、気分転換に東京ディズニーリゾートの

花火を見ていたものです。

工事関係者でしか見ることが出来ない景色を楽しむのも束の間の気分転換になります。

下の写真は、先日の満月をK様邸の足場から撮ったものです。

あまりにもきれいな満月なんで撮ってはみたものの、現場用のカメラだとその雰囲気がイマイチ表現

しきれなかったのが残念ですが。

DSCF9294.JPG


施工事例集UPしました。

3月に完成した小川村若者定住促進住宅を施工事例集に追加しました。どうぞご覧になってください。

この住宅の最大の特徴は、玄関扉を赤くしたことです。

周囲には以前建てられた若者定住促進住宅が数多く、その中でもひときわ目立つようにという想いと、代わり映えしない促進住宅の中でも、自分の家がすぐわかるようにとの遊び心で、赤い玄関扉にしました。

外観の派手さ?とは違い、内部は白基調のクロスに、天井等の木部はウォールナット系に塗装を施し、落ち着いた雰囲気に仕上げました。

最近、テレビで小川村を取り上げた番組が多いようで、先日もこの若者定住促進住宅の家賃の安さを売りに、人口を増やして頑張っている村があるなど等いうような番組があったようです。

今後、若者定住促進住宅を建築するお手伝いが出来たる機会があったら更なる住宅を建てられるように頑張りたいと思います。

 


上棟しました。

今年の春は、寒暖差が激しく、日中の天気もなんだか不安定で、特に風が強いという印象が強いです。

そんな中、天候にも恵まれ、2棟同時進行の住宅が無事上棟しました。

DSCF8821.JPGのサムネール画像

最近気になっていることが毛虫。

桜が散って、この時期気になるのは、道路を横断する毛虫の多いこと。

たまたま、毛虫の多いところを走っているのかもしれませんが、いかに毛虫を轢くことなく運転するかに注意を払っている今日この頃です。


楽しんでください。

お待たせしました。

安茂里U様邸が完成しました。

施工事例に写真を掲載しましたので、ご覧になってください。

開放感あふれれ、どこに居ても家族のコミュニケーションがとれる素敵なお家になっています。

弊社が推奨するHABITAの想いも入っています。

さあ、U様思う存分新生活を楽しんでください。

 


このページのトップへ